スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬切川・屋久島沢登り記録
DVC00035.jpg
 「待てば海路の日和あり」
 5月末から、瀬切川に行くべく、ずっとスタンバイしていた。
 ところが、屋久島は6月~7月にかけて、記録的な梅雨や台風で毎週延期。先週末、ようやく梅雨も明け、晴マークが二日続いていたので、念願の瀬切川に単独で挑むことにした。

続きを表示する
スポンサーサイト
上シラケン沢・屋久島沢登り記録
toppu.jpg
 昨日の続きで、永田川支流、上シラケン沢の下降の記録。
 初日のカメラ落下の影響で、僕のカメラは不調だったため、今回の写真はほとんどインヤンさん撮影のものを使わせてもらった。
コスギダ沢・屋久島沢登り記録
P5010084.jpg
 5月1~2日、熊本のインヤンさんと永田川支流であるコスギダ沢を登り、上シラケン沢を下ってきた。
 今日は、コスギダ沢の記録。
川原2号沢(川原南谷)・屋久島沢下り記録
IMGP3398.jpg
 地形図を見ると、この川原2号沢にはびっくりさせられる。水平距離3kmちょっとなのに、海から国割岳まで一気に1323mも上がるのだ。島内では、大崎川や二又川男谷を抜いて、トータルの傾斜のきつさNo.1。
川原1号沢(川原北谷)・屋久島沢登り記録
IMGP3309.jpg
 9月11日~12日、今年の7月に敗退した川原1号沢~2号沢に再度挑戦してきた。単独。
 ここの稜線上で過去に迷うこと2度。2度あることは3度あるのか、それとも3度目の正直なるか。
落川下部・屋久島沢登り記録
IMGP3261.jpg
 北海道から山の会の後輩、哲平が遊びに来ている。彼と、8月24日、落川(おとすがわ)に行ってきた。海から落の滝までの下半分。このブログに記録は残していないが、8年前にも行ったことがあるので2回目。天気、晴のち曇。
荒川最下部・屋久島沢下り記録
IMGP3076.jpg
 8月17日、行き残っていた荒川最下部(尾立ダム~安房川合流部)に一人で行ってきた。沢登りにするか沢下りにするか迷ったが、ダムを泳ぐことになる可能性を考え、水流に乗って楽に行ける沢下りにすることにした。
岳之川・屋久島沢下り記録
川原1号沢右又・屋久島沢登り記録
IMGP3011.jpg
 7月25、西部林道にある、川原1号沢に行ってきた。予定では、稜線上で1泊して、翌日、藪を漕いで国割岳をアタックしてから川原2号沢を下るつもり。単独。天気快晴。
鈴川上部右又・屋久島沢登り記録
IMGP2000.jpg
 右又は ナメが凄いが 巨岩帯 抜け道探し 右往左往
トガヨケ沢・屋久島沢登り記録
IMGP2259.jpg
 5月2~3日、熊本のインヤンさんと共に、永田川支流のトガヨケ沢に行ってきた。ここは7年前、ガイドのYさんと下部だけ偵察に行ったことがあるが、想像以上のゴルジュとあまりの巻きの大変さに早々と敗退した。あの頃はまだまだ力量不足だったと思う。今回はもちろん完登を期してしっかり泊まりの装備も持っての再挑戦。
鈴川上部左又(鈴岳沢)・屋久島沢登り記録
IMGP2126.jpg
 4月24~25日、単独で鈴川左又を詰めて鈴岳に行ってきた。
 鈴川左又は有名な蛇之口滝のある所。6年前に登った時は、上部の二股で破沙岳に詰める沢を行った。しかし、鈴川の上部に鈴岳がある以上、やはり本流は鈴岳に詰める沢だと思う。本流をやり残したというのは嫌なので、今回再チャレンジ。
 予定は、鈴岳に登った後に、稜線上を藪漕ぎして鈴川右又源頭に達し、そこを下って帰るつもりだが。
鯛之川上部・屋久島沢登り記録
IMGP2024 - コピー
 4月10~11日に、単独で鯛之川上部を登り、淀川左俣を下ってきた。
 一昨年の秋に鯛之川核心部は行ったが、その時林道で切り上げてしまい、源流部が残っていたので、その仕上げである。
土面川下部・屋久島沢下り記録
IMGP1912_20140413224232842.jpg
 遂に、屋久島最大のナメ滝を発見!?
半山川下部・屋久島沢登り記録
IMGP1744.jpg
 大変遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 さて、本日1月26日、今シーズンの初沢に行ってきた。

平地川・屋久島沢登り記録
IMGP1610_20131004210632ed5.jpg
 10月3日、平地川に行ってきた。2万5千分の1地形図には名前が載っていないが、河口近くは沢登りガイドツアーで良く使われる沢だそうで、最近知った。「せいじがわ」と読むらしい。場所は田代川の一本南側にある。滝登りが面白いという噂だったので、ガイドのKさんを誘って行ってみた。
竹女護川・屋久島沢登り記録

 7年半前、屋久島に移住した時、屋久島内の全ての沢を登り尽くせたらなあと夢想していた。
吉田川・屋久島沢登り記録
IMGP1440_20130927110728312.jpg
 このところ、秋晴れが続き、昼間は気温もグングン上昇。怪我で棒に振った夏場の遅れを取り戻すかのように、精力的に沢に向かっている。
 9月26日は吉田川に行ってきた。単独。天気晴。
土面川上部・屋久島沢登り記録
IMGP1410_201309241927217ad.jpg
 9月23日、土面川上部を登って吉田岳に行ってきた。先週下部で敗退したのだが、その雪辱を果たす前に、堰堤の下調べも兼ねて上部から行ってみることに。同行はガイドのKさん。
栗生川・屋久島沢下り記録
IMGP1365_201309172212074fe.jpg
 小楊子川と黒味川は、河口近くで合流して栗生川となり、東シナ海に注ぐ。その栗生川全長1.5kmが未遡行だったので、9月16日に行ってきた。
 屋久島の川とはいえ、四大河川の河口近くは川幅100m近い大きさで、足もまともに付かない深さ。なので歩いて登るのではなく、泳いで下ることにした。同行は、妻、11歳の娘、4歳の息子。
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。