FC2ブログ
小楊子川左俣その2・屋久島沢登り記録
RIMG0745.jpg
 前回の続きで最終日5月5日の記録。写真は落差70m小楊子大滝。
小楊子川左俣その1・屋久島沢登り記録
P5040236.jpg
 前回の続きで、小楊子川左俣の記録。まずは5月4日の分。
 写真は倒木の滝。右の赤ヘルメットが私。
小楊子川本流上部・屋久島沢登り記録
RIMG0534.jpg
 5月3日から5日にかけて、インヤンさんと小楊子川本流~左俣に行ってきた。
 本流上部は3回目だが、左俣は北大時代に山の会の最後の夏合宿で行って以来、21年ぶりの再訪。あの時は、雨にも降られて5泊6日間、すごく充実感のある山行だった。が、渓相の美しさ以上にハードな巨岩の記憶が強烈で、終わった後に、ここに来るのは一度でいいなと思った。でも20年もすると、あの辛さも忘却の彼方で、懐かしい景色にまた会いたくなったのだ。 

安房川北沢左俣・屋久島沢登り記録
RIMG0345.jpg
 4月4日、安房川北沢左俣に一人で行ってきた。
 この沢は12年前のG.W.に、右俣を登った翌日の下山ルートとして使ったことがある。下りだったのと、また途中でカメラ(当時小型防水デジカメなどというものはなく、ニコノス-Ⅴを担いでいった)の調子が悪くなり写真が撮れなかったこともあり、沢自体の印象は薄く、上部のルンゼが嫌らしかったのと、30m滑り台の滝しか記憶に残っていない。それよりも、今は沢の盟友となったインヤンさんたちのパーティと途中ですれ違ったのが今でも語り草の一大事件だった。屋久島の沢の中で他のパーティに出会うことはまずないので、非常に驚いた。帰宅後に、彼らが安房川河口から一気に遡行してきていたのを知り、もっと驚いた。
二又川女谷右俣・屋久島沢登り記録
s-RIMG0172_20190511104623ff2.jpg
 3月24日に、二又川女谷に行ってきた。同行は、元ガイドのGさん、コテージ経営のSさん。
宮之浦川上部その3・屋久島沢登り記録
RIMG1497.jpg
 宮之浦川遡行最終日、5月1日の記録。
宮之浦川上部その2・屋久島沢登り記録
RIMG1377.jpg
 宮之浦川遡行2日目、4月30日の記録。

宮之浦川上部その1・屋久島沢登り記録
RIMG1322.jpg
 長年の宿願に王手をかけてから、待つこと実に3年。遂に、4月29日~5月1日、宮之浦川上部に、インヤンさんと行ってきた。
 今日は初日の記録。
安房川北沢右俣・屋久島沢登り記録
RIMG1025.jpg
 沢は最高に素晴らしかったのに、アクシデント続きでブルーな気分・・・・・。
テラヤマ谷・屋久島沢登り記録
RIMG0932.jpg
 4月5日、安房川支流のテラヤマ谷に行ってきた。同行はHさん。自分が未遡行の屋久島の沢に行くのは3年ぶり。

瀬切川・屋久島沢登り記録
DVC00035.jpg
 「待てば海路の日和あり」
 5月末から、瀬切川に行くべく、ずっとスタンバイしていた。
 ところが、屋久島は6月~7月にかけて、記録的な梅雨や台風で毎週延期。先週末、ようやく梅雨も明け、晴マークが二日続いていたので、念願の瀬切川に単独で挑むことにした。

上シラケン沢・屋久島沢登り記録
toppu.jpg
 昨日の続きで、永田川支流、上シラケン沢の下降の記録。
 初日のカメラ落下の影響で、僕のカメラは不調だったため、今回の写真はほとんどインヤンさん撮影のものを使わせてもらった。
コスギダ沢・屋久島沢登り記録
P5010084.jpg
 5月1~2日、熊本のインヤンさんと永田川支流であるコスギダ沢を登り、上シラケン沢を下ってきた。
 今日は、コスギダ沢の記録。
川原2号沢(川原南谷)・屋久島沢下り記録
IMGP3398.jpg
 地形図を見ると、この川原2号沢にはびっくりさせられる。水平距離3kmちょっとなのに、海から国割岳まで一気に1323mも上がるのだ。島内では、大崎川や二又川男谷を抜いて、トータルの傾斜のきつさNo.1。
川原1号沢(川原北谷)・屋久島沢登り記録
IMGP3309.jpg
 9月11日~12日、今年の7月に敗退した川原1号沢~2号沢に再度挑戦してきた。単独。
 ここの稜線上で過去に迷うこと2度。2度あることは3度あるのか、それとも3度目の正直なるか。
落川下部・屋久島沢登り記録
IMGP3261.jpg
 北海道から山の会の後輩、哲平が遊びに来ている。彼と、8月24日、落川(おとすがわ)に行ってきた。海から落の滝までの下半分。このブログに記録は残していないが、8年前にも行ったことがあるので2回目。天気、晴のち曇。
荒川最下部・屋久島沢下り記録
IMGP3076.jpg
 8月17日、行き残っていた荒川最下部(尾立ダム~安房川合流部)に一人で行ってきた。沢登りにするか沢下りにするか迷ったが、ダムを泳ぐことになる可能性を考え、水流に乗って楽に行ける沢下りにすることにした。
岳之川・屋久島沢下り記録
川原1号沢右又・屋久島沢登り記録
IMGP3011.jpg
 7月25、西部林道にある、川原1号沢に行ってきた。予定では、稜線上で1泊して、翌日、藪を漕いで国割岳をアタックしてから川原2号沢を下るつもり。単独。天気快晴。
鈴川上部右又・屋久島沢登り記録
IMGP2000.jpg
 右又は ナメが凄いが 巨岩帯 抜け道探し 右往左往
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈