スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『日米同盟の正体』・読書日記
 景気・雇用対策、医療・福祉・年金、食糧・エネルギー自給等とならんで、今の日本で避けて通れない問題、国防及び対米関係。これについて、何が問題なのか、どう考えていくべきか、一冊読むだけで俯瞰できてしまう、全有権者必読といってもよい好著。
続きを表示する
スポンサーサイト
大川下部・屋久島沢登り記録
大川21

 今日6月7日、前回の続きで大川下部(大川F3から上大川橋まで)を行ってきた。メンバーは、S先生(女性)とGさん(初級者)と僕の3人。
 6時小瀬田に集合し、花山林道の上大川橋に1台車をデポする。その後もう1台の軽トラで林道を戻り、適当なところに駐車スペースがあったのでそこに車を置いて、8:10、林道脇のルンゼから降り始める。降り立ったところ(上の写真)は、F3のちょっと上流部だった。3分くらい藪漕ぎで下流に行き、F3の姿を横から皆で眺める。そこから再出発。
『俺は沢ヤだ!』・読書日記
カムと本

 間違いなく、現在の日本で一、二を争うだろう、つまりは世界トップクラスの沢登り人、成瀬陽一さんの初めての本。
 以前海外遡行同人の総会などで2回、成瀬さんの台湾の沢の遡行スライドを拝見して、そのスケール、難易度に心底圧倒されたことがある。沢登りというのは日本で始まった登山スタイルだから、日本の沢が一番、とついつい思いがちだが、それは全くの井の中の蛙であることを思い知らされた。
露天五右衛門風呂造り・その3
五右衛門31五右衛門32

 先週は、土日2日にわたって(正味は丸1日)、五右衛門風呂の基礎コンクリート打ちをした。
 今年の秋までには何とか五右衛門露天風呂に入るぞ!
『パンツを脱いだサル』・読書日記
 『パンツをはいたサル』、『パンツを捨てるサル』を大昔読んで、面白かった記憶がある。しかし、その後の栗本慎一郎は、自民党所属の国会議員になり、さらには脳梗塞になり、学者としてはもう過去の人になったと思い込んでいた。が、いつの間にか、と言ってももう4年も前になるのだが、こんな本を出していた。で読んでみると、なかなかに衝撃的な内容で面白く、知的情報にキャッチアップできていなかったのはむしろ自分の方だと恥じてしまった。
 但し栗本の、自分の凄さを見せるために他の権威に頼ってるくせにそれを否定したがる、どこか「スネオ」的に卑屈なところは昔のまま。そして、何かにつけでてくる彼得意のキーワード『パンツ』。もう少しネーミング何とかならなかったのかよと思うのは、僕だけ?
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。