スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
龍神杉登山
龍神杉アップ
 今日10月30日、龍神杉に行ってきた。
続きを表示する
スポンサーサイト
追悼・O君
幼稚園年中組修了
 実家からの突然の連絡で知ったのだが、(幼稚園~)小学校時代の親友O君が亡くなった。
 結婚詐欺の女に500万円を騙し取られた挙句、今年8月6日に殺されていたらしい。
 人生の幸せの絶頂と思っていたその時に、婚約相手に殺された彼の無念さを思うと、どうにもこうにもやりきれない。本当に、本当に心から哀悼の意を表する。
安房川中上部・屋久島沢登り記録
安房川河原
 残暑の日が訪れないまま、屋久島にも完全に秋がやってきてしまった。もう、今年の沢登りはおしまいかと思いながら、今日10月18日、安房川に行ってきた。
 前回の続きで、小杉谷から大株歩道入口まで。同行はいつものH店長。
露天五右衛門風呂造り・その4
台風の爪痕
 尾之間の土地に行ってみると、先週の台風18号の爪痕が残っていた。バキバキに折れた大木の枝が数本地面にゴロゴロ転がっていて、これをどかさないと車も入れない状況。幸い、1.5段目の住宅建設予定地は、すでに周囲の木をかなり伐採していたので無傷ですんだ。薪置き場も崩落が心配だったが、98%大丈夫で一安心。
 小瀬田では今回の台風は大したことなかったのだが、やはり、屋久島内でも土地により台風の威力はかなり異なるようだ。
最近すごく落ち込んだ話
 最近、どうも気分の変動が激しい。7、8月は躁状態だったが、9月末からは完璧に鬱状態が基調になっている。単に自分の夏休みが終わったせいかもしれないが、妻からは「屋久島の気温が低くなってきてそろそろ冬眠モードに入る前の、例年の変調よ」と、一笑に付されている。そう言われるとそんな気もする。
薪置き場作り・その2
チェーンソー
 一ヶ月ほどサボっていたが、昨日、今日と続けて、尾之間の土地で薪作りをしてきた。相棒はゼノアG334EZ。
『荒野へ』・読書日記
荒野へ
 1992年8月、アラスカの荒野の真ん中に打ち捨てられたバスの中に、一体の腐乱死体が発見された。それは、4ヶ月前にヒッチハイクでアラスカにやって来て、単身徒歩で荒野に分け入った青年であった。彼の名は、クリス・マッカンドレス。
 この本は、残されたわずかな日記を手がかりに、旅の途中で出会った人々をアメリカ中探し求めて聞き取り調査をし、彼の孤独な死に至るまでの足跡を辿ったものである。
 著者はエベレスト大量遭難事件を一当事者の目から記録した「空へ」(これも名作です!)で有名になった、登山家兼作家のジョン・クラカワー。
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。