スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永田の地杉の伐採
地杉11
 ついにこの日が来てしまった。
 120年の命を頂く日。
 今日を過ぎたら、もう後戻りはできない。
 この木の命を無駄にせぬよう、素敵な家を建て、素敵な家族になっていかないといけない。

続きを表示する
スポンサーサイト
露天五右衛門風呂造り・その7
タンカン畑
 今年も屋久島にタンカンの季節がやってきた。
 20日午前中、例年通り麦生の美暢農園にタンカンちぎりのお手伝いに行って来た。僕が妻と知り合うきっかけは22年前の和歌山県六川村での文旦・八朔ちぎりだったから、ミカンちぎりというのは僕の中では思い入れのある農作業である。単純作業であるが、毎年やっていると仕事もかなり上達して、また楽しいものだ。と言っても、家族連れだと子供がすぐに飽きてしまうので、作業は1~2時間だけでおしまい。後は、お世話になった方々へのタンカンの発送を依頼し、出荷できない傷物タンカンを10キロほど貰って帰るという、ほとんど「タンカンちぎり体験ツアー」である。三品さん、毎年楽しませていただき、どうもありがとうございます。

露天五右衛門風呂造り・その6
たそがれの雲一番星
 五右衛門風呂作りの記録、実に3ヵ月半ぶりの更新。
 この間、ほとんど全く作業が進展していなかった。が、今週末は頑張った!
『マタギ-矛盾なき労働と食文化-』・読書日記
マタギ
 僕は生まれも育ちも東京神田であるが、ルーツを祖父母の代より前にさかのぼると、秋田が半分、福島が四分の一、千葉が四分の一となる。つまり、東北の血が四分の三も流れているのである。そのせいなのか、寒い所が苦手で南国屋久島に移住したものの、マタギ系の本を見つけると体内の血がおどり騒いでしまう。
 この本は、帯にある通り、「秋田・阿仁地区に住む現役マタギ達の猟や生活を撮影したカメラマン16年間の記録」である。
『島唄』の意味
特攻隊
 THE BOOMの『島唄』という、一昔前ミリオンセールスを記録した曲がある。何となく哀愁のあるメロディーで好きな曲ではあったのだが、沖縄の別れの歌なのかな位に、恥ずかしながら思っていた。 
 しかし、実は、この曲にこんな隠された意味があったとは!
 何それっ、と思った人は、これを見て欲しい。えっ、知らなかったの僕だけ?
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。