FC2ブログ
屋久島まで -等身大の自分- その3
 前回に続き、「水車むら通信」に連載していた「屋久島まで」の転載であるが、また前置きを。
 僕が水車むらに行き始めたのが1987年。その時まだ回っていた水車むらの水車は、残念ながら現在は回っていない。昔風の大型低速回転型の水車は実は発電効率が悪いことが判明したり、水路の維持管理がなかなか大変だったり、と諸事情があるようだ。
 水車の止まってしまった今、「水車むら」の目玉は紅茶である。あの当時ほぼ絶滅しかけていた国内産紅茶を、無農薬有機栽培で作り始めた。知らない人も多いと思うが、紅茶も緑茶も実は同じ茶葉から作られるのだ。製造過程で発酵させるかさせないかだけの違いである。但し、紅茶向きの品種というものはあり、幻の日本オリジナル紅茶品種「べにひかり」を発掘、栽培、初めて製品化したのは、水車むらである。初めて飲む人は少し土臭く感じるかもしれないが、紅茶と日本茶が混ざったような優しい味わいが特徴で、ミルクティーにすると特においしい。
 1993年には、僕もなぜか水車むらで3人目の紅茶製造主任になり、その年の国内産紅茶のほぼ1割(約1トン強)を製造してしまった。屋久島に移住した今は、さすがに紅茶製造にタッチしていないが、いまだ愛飲している。本当においしいので、皆さんも是非、試してみてください。→水車むら紅茶の通販サイト


Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈