スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引越し
 0_convert_20120828224827_20120828230716.jpg
 7月下旬時点での家の現況・・・
 予定では、今年3月末には新居は完成しているはずだったのだが。
続きを表示する
スポンサーサイト
内風呂完成
0_convert_20120826125202.jpg
 家造りファンの皆様、長らくお待たせしました。バタバタ忙しかったり、パソコンの調子が悪かったりで、随分更新していませんでしたが、元気でやってます。
 もう1か月以上前の話ですが、7月12日、念願の内湯が出来たので、初入浴してみました。
黒味川下部・屋久島沢登り記録
美術館
 毎週末屋久島の沢に行ってるということは、毎週最高の美術館巡りをしているような贅沢なのかなあ、と今日の沢登りで思った。

中間川上部(右又)・屋久島沢下り記録
IMGP0377.jpg
 昨日の記事の続きで、8月18日の中間川上部の下降について。
 中間川上部の記録は太田五雄さんの本に残っている。それによると、林道終点から沢に下り立ってすぐの標高480m位に二股があり、左又が5mの滝を懸ける本流と言うことになっている。ところが、国土地理院の地形図を見ても、それらしき二股は見当たらない。ならば、地形図で、本流らしきものはどこを通るかを探してみると、烏帽子岳登山道標高1325mのコルから発する沢が最も長く、かつ集水域も広そうである。そういう訳でここを本流と考えて、このコルから下ってみることにした。
 太田さんの記録では初級となっていたが、もちろん念のために、アップザイレン用のサブザイルは持参である。地形図を見る限り、危なそうなところは、標高750m~800mのゴルジュ帯か。ここでザイルを使うかもしれない。
湯川上部・屋久島沢登り記録
IMGP0318.jpg
 8/17~18に、一人で湯川上部~烏帽子岳~中間川上部に行ってきた。
 今日は湯川上部~烏帽子岳の記録。
湯川下部・屋久島沢登り記録
6a_20120818182017.jpg
 もうだいぶ前の話になってしまうが、7/28に湯川下部に行ってきた。
 天気は晴れ後曇り一時雨。同行は、ガイドで、島内屈指のフリークライマーHさん(初顔合わせ)と、職場の同僚Kさん。
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。