スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『貧困大国アメリカ』三部作・読書日記
リバティ島からマンハッタン
 最近堤未果の本が売れているようだ。僕も立て続けに、何冊か読んでみた。
 『貧困大国アメリカ』三部作を読むと、「世界一リッチな国、アメリカ」というイメージが崩れ去る。1%の超富裕層が莫大な富を蓄積している影で、99%の国民が収奪され、貧困生活にドロップアウトしつつある。
 そして、『政府は必ず嘘をつく』を読むと、日本にも今まさに、同様の変化が押し寄せつつあるという恐怖を覚える。
 真の敵を見誤ってはいけない。尖閣や竹島問題で、お隣の中国や韓国と揉めている場合ではないのだ。ならば、アメリカかって?いや違う、我らが戦うべきは新帝国主義ともいえる巨大グローバル企業なのだ。アメリカは既に奴らに食い物にされてしまった国で、オバマもその手先として動いてるに過ぎない。
続きを表示する
スポンサーサイト
平地川・屋久島沢登り記録
IMGP1610_20131004210632ed5.jpg
 10月3日、平地川に行ってきた。2万5千分の1地形図には名前が載っていないが、河口近くは沢登りガイドツアーで良く使われる沢だそうで、最近知った。「せいじがわ」と読むらしい。場所は田代川の一本南側にある。滝登りが面白いという噂だったので、ガイドのKさんを誘って行ってみた。
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。