スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬作り・その2
DSC00679.jpg
 薪小屋用の製材は済んで、いよいよ墨付け、刻みに入る。7月に、大工のTさんにお願いして一日マンツーマンで墨付けのやり方を教えてもらった。だが、なにぶん初めての経験で、いきなり本番に取り掛かるだけの自信が無い。
 それで、練習として、余った材木で「馬」を作ってみることにした。やり方は、恐らく最も単純な、長ほぞ差し・込み栓打ち。
続きを表示する
スポンサーサイト
古材のカンナかけ
DSC00694.jpg
 足の怪我などもあってしばらく停滞していた薪小屋作りだが、10月くらいからぼちぼち再開している。
 今回は、古材の再利用の仕方。古民家再生やセルフビルドの家造りで、廃材を利用することはよくあるが、廃材に釘が入っていると、その処理が本当に大変なことが身に沁みてわかった。
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。