スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
露天五右衛門風呂造り・その12
風呂板19
 さて今回は、前回家で加工した木材を、いよいよ尾之間の土地に運び込んで、本組みである。
風呂板8風呂板9
 4組に分けて運んだデッキ部分を現場で一つに結合する。最後に煙突側の端を結合したのだが、隣り合う板と板の間に5mmほどの隙間が出てしまった。でもまあ、この位の誤差は想定範囲内。気にしない、気にしない。
 続いて、階段部分を組む。試しに登ってみると、おお!、これは本当にガタツキなく、ビシッと出来上がった。
風呂板10風呂板11風呂板12風呂板13
 さて、デッキの板を風呂に載せただけでは、特に外周部に荷重をかけたときに心配なので、補強の柱を建てることにした。まず、大体の柱の位置を決める。1年半前の着工時、こんな柱を建てる予定は全くなかったから、基礎コンクリートはそんなに外側まで打ってない。やむなく、いつものようにやっつけ仕事で基礎コンクリートを継ぎ足す。木枠を組んで、生コン注入。こういうコンクリート関係の作業も、さすがにもう手馴れてはきたが、どうもやっていてあまり楽しくない。木工の方がずっと楽しくて好きである。一週間後、その上にコンクリートの束石を乗っけてセメントで固定する。
風呂板14風呂板15風呂板16風呂板17風呂板18
 さらに一週間後の10月17日、デッキに柱をくっつけて、完成!!上に乗って立ち上がってもビクともしない安定感、寝そべって昼寝ができるほどの広さ。(但し、寝込んで頭から下に落ちたら危ない。)予想以上の出来ばえに満足、満足。
 基礎コンクリートと束石、そして、柱の位置がお互い目茶目茶ずれているのはご愛嬌と言うことでご勘弁ください。(後日、ちゃんと修正しました。)
 折角なので、レンガの隙間からはみ出ていたセメントを、はつって削り落としたり、風呂の土台のコンクリートのスカスカになっていた所に化粧直しでセメントを塗ったりしたら、大分見た目も良くなった。ついでに、周囲の草刈りや海や山を見るのに邪魔になっていた枝払い(と言ってもチェーンソーを使って、大きいのは直径20cmの木まで切った)をして、辺りもすっきり。

 これにて、風呂作り2期工事、一旦完了である。あとは、今週末の客人来訪を待つばかり。

Comment

管理人にのみ表示する

すばらしい
すばらしい!
後は、雨が降ってても風呂に入れるように屋根ですか?
・・・・それだと露天風呂にならないかな?
せめて脱衣コーナーくらいないと雨天時には厳しいですよね。
たてる@札幌 | URL | 2010/10/18/Mon 23:00 [EDIT]
おお、お久しぶりです!
すみません、五右衛門風呂記事の更新、サボってて・・・・

満天の星空を思う存分見るために、屋根は作らない予定です。雨の日は無理せず家の中のお風呂に入ります。
今後は、煙突固定と風呂側面の壁作り、脱衣場作り、洗い場の石のセメント固め、そして川からの水路作りといったところでしょう。
沢登りのシーズンが終わりつつあるので、これからまた風呂の方を頑張っていく予定です。応援よろしくお願いします。
屋久島遡行人 | URL | 2010/10/19/Tue 08:34 [EDIT]
至福のひと時、贅沢ですねぇー
ワタシも幼少の頃、福岡の離島の親戚ん家で五右衛門風呂に入った事があります。
でも、写真の様なお洒落なパステルカラーとは程遠く、黒っぽい鉄釜に浮いた板を踏んで入りました。

明かりは灯さず入りたいですね。屋久島の満天の星。
最後の写真...月明かりに照らされたモッチョムを臨む抜群のロケーション。
たまりませんですね♪
Pooh | URL | 2010/10/19/Tue 23:28 [EDIT]
Poohさん、ありがとうございます。
 沢登りのみならず、露天風呂作りのコーナーまで読んでいただき、ありがとうございます。

 色は、本当は鉄の色が良かったのですが、屋外で使用する場合の耐久性を考えてホーローびきの物を選んだら、こんな色になりました。周りのウッドデッキも合わさって、当初の純和風の目論見に反し、ますます洋風の印象になってしまいました。

 あの、モッチョム岳を望むロケーションは、すぐ近所が、先日sony α NEX-5のCMの舞台にもなった所なんです。(ちょっと自慢。)
 http://www.sony.jp/ichigan-e/message/index.html?s_pid=jp_nex_1005_06

 屋久島の沢帰りには、一風呂浴びて、体を暖めていってください。
屋久島遡行人 | URL | 2010/10/20/Wed 09:01 [EDIT]
疑問
屋久島の風景に自己満足してらっしゃるようですが、
外で洗うということは、その汚水を垂れ流すということでしょうか?
たかが一人されど一人。でもその水の汚染で、屋久島の海・川を汚していることになりません?
そう | URL | 2010/10/21/Thu 15:01 [EDIT]
はあ、どうなんでしょうねえ?
 私自身は普段から石鹸も使ってませんし、洗い場でもかけ湯をしたりする程度に考えています。仮に石鹸を使ったとしても、家族数人が時々使う程度であり、かつ直接川や海に排水を流すのでなければ、土壌中の微生物により、分解しきれると考えるのですが・・・。
 そうさんは、いかがすれば、環境負荷ゼロの完璧な下水処理ができるとお考えなのでしょうか?せっかくコメントをして下さった以上、ついでに是非代替案をお聞かせ願いたいものです。
屋久島遡行人 | URL | 2010/10/21/Thu 18:50 [EDIT]
返信
http://www.msf.or.jp/com/camp/learnmore/water/wastewater.html
ここにも書いてあるように、排水のことも考えてのトータルのものの見方をしなければ、自分だけよければ、自分の家族だけだからという人間ばかりが増えて居るのではないでしょうか?で、石鹸つかってないって、体臭とか気にならないんですか?周りの人は困ってるんでしょうね。自分だけよければいい人間さん。
そら | URL | 2010/10/21/Thu 21:52 [EDIT]
名前を打ち間違っていたようです。失礼。
そう | URL | 2010/10/21/Thu 23:03 [EDIT]
はあ・・・・・
 排水設備不備への苦情なのか、普段石鹸使ってないことへの不満なのか、なんだか良くわからないのですが・・・。
屋久島遡行人 | URL | 2010/10/22/Fri 01:20 [EDIT]
ありがとうございました  
今日は一日島内を回り、いろいろな場面を見せていただき、いろんなことを思いました。
周囲のかたがたのお気持ちや、エコロジーが単なる流行廃りではないということなど、ふかく考えさせられる一日でした。
たとえば、自分が今日利用させていただいたすべての施設、レンタカーや入浴施設、露天風呂も含め、
自分がここでなにかをすること=エコに反することではないかというとても矛盾した思いもありました。
だけど「意識」を持つことに関してはとても勉強になったと思います。
ここのコメントにいろんな方の意見があったせいもあると思います。
ありがとうございました。
R     | URL | 2010/10/22/Fri 01:31 [EDIT]
いや~本格的ですね。個人でここまでできるとは・・・さすがは遡行人さんです。感服致しました。ヤクシマカーペンターですね!

今,伐採用の電動ノコと刈払機を探していますが,何かいいのがあればアドバイスをお願いします。山に持っていくので携帯面が最優先です。

次回の来島の際には,入らせてもらってもいいでしょうか。お願いしま~す。
インヤン | URL | 2010/10/22/Fri 14:50 [EDIT]
こちらこそです、Rさん。
昨日は、どうもありがとうございました。
本当にエコロジカルな生活をするにはどうしたら良いのか。
田舎で暮らす人は、例えば移動のためにマイカーのガソリンを使いまくらざるを得ません。一方、公共交通機関や下水道が完備する都会で暮らす人は、一見ハイテクを駆使して環境負荷が少ない生活をしているように見えて、そのインフラを整備するためにどれだけ他国の化石燃料を使い、周辺部に産業廃棄物を捨ててきたかが見えにくくなっています。
原理原則主義を貫けば、環境と一体化した生活をするためには、人間は農耕文明、科学技術文明を否定して、採集狩猟民社会に戻らなければなりません。そうなると、日本の人口は30万人まで。そこに僕らの未来がないことは明らかでしょう。
Rさんと話しながら、そんなことをいろいろ考えさせられる一日でした。さすが、Rさん。今後ともよろしくお願いします。
屋久島遡行人 | URL | 2010/10/22/Fri 15:48 [EDIT]
インヤンさんへ
前回は、時間切れでお風呂にご案内できず、申し訳ありませんでした。
次回は是非、一風呂浴びてください。

屋久島の男たちはこの程度の大工作業、みんなできるんですよ。だから、僕のお風呂もたいしたことないんです。

電動工具ですが、僕が買ったのは全てコード式なので、充電式の物はよくわかりません。ただ、僕の経験から言うと、やはり高くても、マキタ、ヒタチやボッシュの製品のほうが、ホームセンターに並んでいる安物と比べて、ガッチリ作ってあって、手に伝わる振動が少ない分、疲れにくい気がします。頑丈さや保守管理のしっかりしている点も違うのでは、と思います。
これらメーカーの製品は、個人用とプロ用にラインアップが別れていて、値段も確か1.5倍くらい違うのですが、やはり、長くハードに使うなら、プロ用かと思います。
半分位推測で物を言っていてすみません。ご参考になりましたでしょうか。
屋久島遡行人 | URL | 2010/10/22/Fri 15:57 [EDIT]
早速のレス,ありがとうございます。

工具はやはりそうなんですね。ハンマードリルでボッシュを使ってますが,頑丈で細部まで考えて作ってあるので安心します。アドバイス,ありがとうございます。

次回の訪島が非常に楽しみです☆
インヤン | URL | 2010/10/22/Fri 16:25 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。