スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
露天五右衛門風呂造り・その15
風呂蓋0
 先月から今月にかけて、風呂釜の蓋を作ってみた。
 今までは家に転がっていた市販のすのこで代用していたのだが、それだとやはり、隙間から落ち葉や虫が中に入るし、沸かす時の熱効率や、しばらく時間をおいてもう一回入りたい時などのお湯の冷めにくさを考えると、ちゃんと密閉できる蓋が欲しかったので。

 材料は、先日永田の地杉を製材した時に大量の端材が出たので、製材所からそれをただで貰ってきた。
風呂蓋1風呂蓋2
 簡単に図面を書き、材木にサンダーでヤスリがけをし、寸法通りにカットして並べてみる。煙突部分の処理にちょっとだけ工夫が要ったが、それ以外は単純作業。所要時間は合計で1日弱。
 あとは、いつものように、防腐塗料ウッドロングエコを塗っては乾かす。これを4回繰り返す。
 最後にコーススレッドでつなげてできあがり。
 1月15日に現場搬入して、風呂釜に載せてみた。よし、まずまずOK。
風呂蓋3

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。