スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COSMIC DANCE -アイソレーション・タンク体験その3-
 宮部さんと話していてすぐに気づいたのだが、彼は、タンクで自分はどれほど凄い体験をしたか、あるいは、お客さんでこんな変わった体験をした人がいる、などという自慢話は決してしない。タンク体験は一人一人全く違うものだから、あえて語らないということも、きっとあるのだろう。それでも、言葉のはしばしに、彼のタンクへの愛好ぶりのみならず、タンクを通して培ってきたであろう人間性の深さがうかがえて、ますますタンクへの興味をかきたてられる。

 翌日、タンク2本目。昨日より身体も慣れて、すぐにタンク内で安定姿勢に入れた。そのまま、いつしか眠っていた。
 30分くらい経ったろうか。目覚める。身体の底に溜まっていた疲れが一気にとれた感じがする。

 やがて、どこからともなく、ドンドンと太鼓のような音が聞こえてきた。体にまで響く重低音だ。一体何だろう?ECCOには、アイソレーション・タンクの外に、2階にフローティング・マカバという特殊音響システムを使った体感マシーンも設置してある。誰かほかのお客さんがそれを始めたのだろうか。それにしても音や振動が響きすぎである。これでは、アイソレーション・タンクに入っているお客さんは大迷惑だ。さすがに、マカバの音じゃあないだろう。
 そのうち、体も揺れ始めた。となると、地震?それにしては、さっきからもう3分以上続いている。こんなに長時間地震が続く訳がないよな。
 タンク内の塩水がグラングラン波立っている感じがする。さては、幽体離脱しやすいようにタンクをわざと揺らすような仕掛けを、床に作ってあるのかな?でも、この普通の民家にそんな仕掛けを仕込める訳がないしなあ。床も見た感じ普通だったし・・・
 ボワンボワンした身体の動きはますます激しくなり、一定の姿勢を保とうとしても、塩水に浮かんだ状態では四肢がまるで言うことを聞かない。眩暈と共に上下左右の平衡感覚もつかめなくなってきた。真っ暗闇の中で、洗濯機の渦潮のような激しい波に全身を弄ばれている感じ。嵐の夜にたった一人、船のデッキから誤って海に落ちてしまったイメージに包まれ、(『夏の朝の成層圏』の出だしそのままだね。)今まで経験したことのないレベルの、根源的な恐怖が襲ってくる。一体全体、自分の体に何が起こっているのか・・・・・
 
 「ん? 待てよ。 ま、まさか、これって神秘体験の始まり!? 
 このドンドン言う響きは幻聴で、波立っているような感じも、実は僕の筋肉が脳の支配下から離れて、宇宙の律動に従って不随意に痙攣してるだけ?
 ってことは、俺もしかして今、COSMIC DANCEを踊ってるわけ?
 キタ━━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━━ !!!! 

 もっと激しくなれ!ディープな世界にどんどん潜り込んでいくぞ!宇宙の始まりを見てきてやるんだ!」

 興奮した瞬間、大波がバシャーンと顔に浴びせかかり、海水の約15倍という超高濃度の塩水がモロに目に飛び込んできた。メチャクチャ沁みる。あまりの痛みにいてもたってもいられなくなり、やむなく蓋を開けて外に飛び出した。
 あれ、体が思い通り普通に動くぞ、ちぇっ、せっかくいい所だったのになあ・・・。
 その時ちょうど、外出していた宮部さんが駆けつけてきて曰く、「いやあ、凄い地震でしたね!震度5強だそうですよ。大丈夫ですか?」
 へっ、地震だったの?

                                         (つづく)

Comment

管理人にのみ表示する

はじめまして。
屋久島遡行人さん。はじめまして。
いるかんちゅと申します。

結構長いこと瞑想をしてきました。
2000年あたりからドルフィンスイミングもしていて、ジョン・C・リリーには興味を持っていました。3.11以降、意識が変わってきて、物価の安い地方で自給自足の暮らしをと考えています。鹿児島にも、天草にもイルカがいるし、非常に興味があります。もちろん屋久島にも。情報交換とかできたらいいなと思い、とりあえず書き込みました。よろしくお願いします。
貴ブログは、これからぼちぼち読ませていただきます。
いるかんちゅ | URL | 2012/10/16/Tue 04:23 [EDIT]
初めまして、こんにちは。
ようこそ、こちらのブログへ。

僕は、瞑想は三日坊主のかな~りいい加減な人間なので、いるかんちゅさんのように真面目な方のお役にたてるようなごとがあるか、全く自信がありませんが・・・。

屋久島は、土地や島で採れる魚や野菜の値段は安いですが、ガソリンやスーパーの物価は離島のため高いです。あと、僕も以前小笠原でイルカと泳いだことがありますが、残念ながら屋久島ではほとんど見かけません。
それでも、その人の志向性次第で、いろいろと面白いことができる島ですよ。

個人的な質問等は直接メール頂ければお返事差し上げます。
これからよろしくお願いします。
屋久島遡行人 | URL | 2012/10/16/Tue 08:17 [EDIT]
ありがとうございます。
屋久島遡行人さん。早速、返信いただき、ありがとうございます。
いるかんちゅです。

私は、主にハワイ島で、ハシナガイルカと泳いでいます。御蔵島には2回行きました。もともと、坂口恭平という人に興味があり、彼の作った熊本の"ゼロセンター"に行こうと思っていたのですが、天草にもイルカがいることを思い出し、そういえば、桜島近辺にも・・・と。いろいろつながってきまして。屋久島には前から興味はあったので、熊本から、屋久島まで足を伸ばしてみようかと思いつつあります。縄文杉までは無理でしょうけど、白谷雲水峡でも素晴らしそうですしね。ブログを見せていただいてますが、沢も綺麗ですね。
いるかんちゅ | URL | 2012/10/16/Tue 10:27 [EDIT]
 ハワイ島は僕も行ったことがあります。イルカには会えませんでしたが、ダイビングとマウナケア登山と両方を堪能し、屋久島以上にスケールの大きい島だなあと思いました。屋久島は緑と水が豊かな点でカウアイ島に似たイメージでしょうか。
 坂口恭平さんは僕も昔、「東京0円ハウス0円生活」を読んで非常に面白かったです。最近本屋で平積みになっているのを見かけて、2冊目の本を購入しようと丁度思っていた所です。都市における採集狩猟民という発想が面白いですよね!
 屋久島の一番いい所は沢だと思っているのですが、これから半年間は寒くてオフシーズンになります。
 それでは。
屋久島遡行人 | URL | 2012/10/16/Tue 13:17 [EDIT]
うれしいなぁ~。
遡行人さん。こんにちは。いるかんちゅです。

なんか共通点があって、うれしいなぁ~。
私は、ハワイ島でイルカと泳ぐばかりでしたが、
2010年初めて、キラウエアとワイピオに行きました。
マウナケアは、曇りだったのであきらめました。

坂口氏に関しては直接会って話を聞こうと思っています。
原点に返って生活をしようという発想の人には誰でも興味があります。

沢歩きはトレーニングを積んでからということにして、
そちらに伺って話をすることは可能でしょうか?
屋久島での暮らしぶりも拝見できたらなと思っています。
インターネットから失礼とは思いますが。
いるかんちゅ | URL | 2012/10/16/Tue 23:33 [EDIT]
お待ちしてます。
僕のブログを見て、わざわざ屋久島まで会いに来てくれた見ず知らずの方が過去にも4名ほどいらっしゃるしで、全然問題ないです。
日程等細かい打ち合わせは、一般公開するのもなんなので、以後メールでお願いします。
屋久島遡行人 | URL | 2012/10/16/Tue 23:43 [EDIT]
ありがとうございます。
遡行人さん。こんばんは。いるかんちゅです。

ありがとうございます。いつ頃になるか未定ですが、
またメールさせていただきます。
楽しみです。
引き続きブログも見せていただきます。
いるかんちゅ | URL | 2012/10/17/Wed 02:38 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。