スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしのフィルム発見!(開成学園運動会棒倒し)

 you tubeで偶然、自分が映っている動画発見。
 
 体格差がありすぎて、結局僕ら黄組はボロ負けだったんだけどね・・・
 あの日の悔しさが鮮烈によみがえっちまったよ。

追記:
 その後、当時の黄組の友人と久しぶりにメールしていて、棒倒しの話題になった。二人の結論。
 うーん、もう一回やりたいよ、本当に!!
 で、やり直す以上は、当然優勝を目指す訳だが。(以下、棒倒し専門用語ばかりで理解不能でごめんなさい。)
 作戦としては、人員配置はやっぱり守り(特に内側)重視で行かないと、勝ち上がれないね。遊撃なんて、最初の一瞬しか仕事してないもの。80キロ以上の巨漢3人で座りゴロモを揃えたら、強いと思うよ~。
 あと、攻撃は乗り役なんて要らない。全員団子で、ひたすら押して棒のバランスを崩し、最後近くに団子の中から這いずりあがってくれば良い、と思うな。だって、乗り役がいくら高い所に飛びついていても、団子が十分に押してラインや立ちゴロモの配列を崩していないと棒は傾かないもの。

 あの当時、高1からウェイトトレーニングを始めていた僕は、組の皆にも「ウェイトトレーニングで筋力をつけよう」、って呼びかけて、教室内に150キロ位のバーベルとベンチを買い揃えた。でも、それに応えて頑張ってくれた人は極々一部だった。せっかく高3の運動会まで1年間自主トレできるのに、なんでみんな、もっと真剣に鍛えようとしないんだろうって思ってた。
 でも、運動会にかける情熱って、ものすごい個人差があって、組全体としてみたらあれが精一杯だったんだよね。やっぱり大学の運動部なんかとは、各人のモチベーションがまるで違うから・・・。これがもし、僕くらい熱い人たちだけの組だったら、房総半島の砂浜でも行って、一年間「闇練」に明け暮れて、最強の棒倒し軍団になってたかもね。ただそういう取り組み方は、大学運動部でやればいいことなんだよね、きっと。
 

 今振り返ると、いろんな種類の人間がとりあえず一つの方向向いてお祭り騒ぎをする楽しさっていうのは、僕の人生ではあれが最後だったと思う。だから、負けたのは悔しいけど、やっぱりいい思い出。。。
 あのフィルムを見て、2歳の息子を開成に入れるのもいいかなとチラッと思った。屋久島からだと、そんな「お受験」はまず無理だけど。

Comment

管理人にのみ表示する

どれですか?
 目立った事してます?何秒辺りか教えて下さい。
 しかし・・熱いなぁ。
ザル洗い | URL | 2011/05/29/Sun 23:01 [EDIT]
コメントどうも。
記事をアップした後に、妻に「『僕のこと見て、見て~』という自意識過剰だからやめた方がいい!」と言われたのと、見返しているうちに自分でもあまりに悔しくなってきて、半日後に削除したんだけど。
せっかくコメントをもらっていたので、再公開。

九州新幹線のCMでも思ったけど、皆で夢中に一つになった瞬間の輝きって、格別だよね。


ちなみに、やせ形長身で黒の道着、腹に黄色い鉢巻をしている男、髪の毛ありです。

36~40秒
黄組遊撃(守備隊)の最前列中央向かって右側でものすごく低く構え、その後、バタバタと橙組攻撃とぶつかっている男。
1分3~16秒
画面中央やや下で、棒に乗ろうとしている橙組攻撃を引きずりおろそうとしている、後ろ向き、肩より上だけの男。
1分53~58秒
 中央やや右、後ろ向き。もはや敗色濃厚・・・悔しさのあまり、橙組攻撃をつねって(反則技)、はたき返されている男。
 いやあ20年以上たって、僕のせこさが全世界に公開されてしまい、恥ずかしい(苦笑)。あの時はすまん、角田!
屋久島遡行人 | URL | 2011/06/03/Fri 18:22 [EDIT]
なおゆきさんの同級生ですか?
| URL | 2012/06/27/Wed 21:18 [EDIT]
鈴○直○なら、同じクラスでした。良くこんなページを見つけましたね。
屋久島遡行人 | URL | 2012/06/27/Wed 21:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。