スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴川下部・屋久島沢遊び記録
鈴1
 7月2日、YNACの島民限定の屋久島自然クラブ沢部の企画に、飛び入りで混ぜてもらった。YNACの小原さんには、昔から屋久島の沢情報をいろいろと教えてもらっていたが、実際沢をご一緒するのは今日が初めてなので、どんな登り方を見せてくれるのか楽しみ。
 9時、JRホテル前に集合したのは、総勢12名の大所帯。まずは、初心者対象にロープワークの簡単な講習。その後、いよいよ鈴川下部に向かう。
鈴2鈴3鈴4鈴5
 農道から尾之間歩道に入って、F3の手前から入渓。長梅雨の影響で水量多目。全員ライフジャケットを着てはいるが、油断すると下流に流されるので、要所要所で小原さんたちスタッフのロープ確保が入る。
 F3上部で、Ⅲ級+の滝登り(2枚目)。さらにその先で、Ⅳ級-のへつりの練習(3枚目)。50~60代と思しき初級者や女性陣が約半数を占めるが、皆頑張って楽しそうに登っている。元気だなあ。
 13時半、大きな淵を泳いで上がった所で、昼飯休憩。実は、僕が今回の沢企画をK君から教えてもらったのが、当日朝の8:18。大急ぎで寝巻きを着替え、山支度をして家を飛び出したのが8時半。おかげで今日は朝飯抜き、ここに来るまで腹ペコでヘロヘロだったのだ。すき焼き弁当が旨い!
虎の穴サーキット課題1課題2
課題3課題4課題5
 その上部の淵は、淵の周囲を時計回りに1番から5番までの課題が設けられている。名付けて「虎の穴サーキット」だそうな。1番と3番は僕には楽勝だったが、4番と5番は成功率33~50%、2番は何度挑戦しても真ん中までしか歯が立たず。皆もトライしているうちにどんどん燃えてきて、思い思いの場所で1時間以上熱中していた。15時半頃、出渓。尾之間歩道を使って戻った。


 鈴川下部に来るのは、これが二回目だった。前回は海から蛇の口滝までK君と二人でさっさと通り抜けてしまい余り印象に残らなかった。が、今日は、コースははるかに短いがゆっくりあちこちで課題を楽しんだ分、初めて来た場所のように新鮮な印象を受けた。
 今回、エコツアー会社の沢登りツアーに初めて参加させてもらったが、初心者もベテランも各自のレベルに応じて、安心して楽しめるように、良く工夫されているなあと感心した。目の行き届き方も、さすがYNAC、さすが小原さんという感じ。沢登りをやってみたい初心者の方で、島内在住ならば、このクラブお勧めです。料金も一般と比べると信じられない位安いし。


Comment

管理人にのみ表示する

鈴川をご一緒した超初心者の久米と申します。
こちらのブログは時々拝見しておりました。特に家作りについてはどんな家ができるか、人事ながら勝手に注目しています。小生も湯泊に5年の歳月をかけてもうすぐ完成?の予定なので。
小生のブログにリンクさせてもらっていいでしょうか?
それと写真(小生も写ってます)コピーさせてもらいたいのですが、よろしくお願いいたします。
久米 | URL | 2011/07/10/Sun 18:37 [EDIT]
こんにちは。コメントありがとうございます。
私もドームハウスに興味があり、久米さんのブログを時々拝見してました。
お近づきに慣れて幸いです。今後ともよろしくお願いします。
リンクの件、どうぞして頂いて構いません。
当日の写真は、DVDに落として、近日中にYNACに預けておきますね。
| URL | 2011/07/10/Sun 23:27 [EDIT]
8/13~16は屋久島againになりました。
次は,鈴川に行きたくなりました。

いつも通り,河口から詰めようと思っています。
この辺りの休みはどうでしょうか?

インヤン | URL | 2011/07/23/Sat 13:24 [EDIT]

Track Back
TB*URL

沢登りのこと
今シーズン3回目の海は栗生、きれいさ、遊びやすさで今のところ、ここが我々には屋久島No1ポイントです。  [続きを読む]
屋久島で物作りを始める 2011/07/27/Wed 15:40
Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。