スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泊川地獄谷下部・屋久島沢登り記録
海へ
 8月7日、泊川地獄谷に行ってきた。
 来月黒部に一緒に行く事になったI君と、プレ黒部第1弾として、登攀やザイルワークの息合わせをするのが目的。ここに来るのは今回が4回目。
 7時に自宅を出発して、一度現地に向かうが、土砂降りの雨なので引き返し。自宅に戻り、志水哲也さん作成の黒部川上の廊下のDVDを二人で見て、イメージトレーニング。雨が小降りになったところで再出発。
IMGP0634.jpg
 9:50、県道の橋の少しだけ上流から入渓。ここより下流は歩いたことがなかったので、いったん海まで下ってみる。橋の下には、大量のゴミが散乱。昔のゴミ捨て場だったらしい。
IMGP0610.jpgIMGP0620.jpgIMGP0622.jpg
 いつもは小川だが、今日の雨ではさすがにかなり増水しており、かなりの迫力。流れに身を任せて下ってゆき、10:05、海着。人家からここに至る道は全く無く、まず誰も来たことが無いだろう海岸。期待していた以上の美しさ。海水に身を浸し波に洗われてから、遡行開始。
IMGP0624.jpgIMGP0627_20110809224016.jpgIMGP0629.jpg
 登り返しは水流が強くて、一部結構大変。折角なので、黒部に向けて、渡渉、へつり、泳ぎ、飛び込みの練習をする。川幅こそ無く、ザイルまでは出さなかったが、沢経験の少ないI君には、良い実践練習になったと思う。
IMGP0635.jpgIMGP0636.jpgIMGP0638_20110809224258.jpg
 10:30、橋より数十m上流の二又で、左の地獄谷に入る(1枚目)。地獄谷に入っても、水量がいつもの数倍はある。入るとすぐに、F1、2m-5mの2段の滝(2枚目)。直登。上段(3枚目)はⅢ級-。
IMGP0640.jpgIMGP0645.jpg
 次のF2、5mは。今までは楽に行けていた取り付きまでも、バイルを引っ掛け引っ掛けしながらのへつり泳ぎで、何とかたどり着く。その後はヌメる岩に用心しながら、直登。Ⅲ級。後続のI君には、ザイルを出した。
IMGP0646.jpgIMGP0652.jpgIMGP0653.jpgIMGP0654.jpg
 次のF3、8m(1枚目)は、左岸よりのクラックに中間支点のカムを数個かませながら、Ⅲ級+の登りを楽しむところ。I君に確保をお願いして、僕リード。今日は水流が多すぎて、ホールド、スタンスが全て瀑布の中に隠れている。かなり厳しいなあ。カムを2個岩肌にかませ真ん中近くまで登ったところで、フォール。上のカムが吹っ飛んで、下のカムでようやく止まる。幸い怪我はなし。もし下まで落ちたとしても滝壺ではあったが、3m落ちたことによる精神的ダメージは大きい。意気消沈し、左岸を巻く。F3のすぐ上にはさらに瀑布と化しているF4があり、仮にF3を登りきれたとしても、これではアップザイレンで下り返しになっていたろう。
 次の F5(2枚目)は、右端を行けば楽勝。写真の様に真ん中のラインを行けば、Ⅲ級-。水量の少ない時なら、バイルを駆使して左端の水流の中を直登できるが、非常に難しい。
 それ以後も、3~4枚目の如く、いつもからは想像もつかないほどの水量。眺めるには良いが、登るのはちょっと厳しい。水量が普段どおりなら、Ⅲ級~Ⅳ級の登りを楽しめるのだが・・・。結局、全て巻きになってしまった。
IMGP0656.jpg
 後半は一転して滝が無くなり、植林された杉林の中をさらさらと小川が流れる感じになる。
IMGP0658.jpg
 昼食休憩をはさんで、13時20分林道出合着。林道出合すぐ先にある15m大滝を見物(これもいつになくど迫力)してから、林道を歩いて下山。過去に一回源頭までつめたことがあるが、大滝より上部はさほど、面白い滝は無かったような記憶がある。
 帰りに、クライミングジムVIVA2と楠川温泉に寄って、帰宅。

 泊川地獄谷は、直登にこだわれば、難易度3級。全て巻くのなら、1級上。滝の実践的登攀練習にはもってこいのゲレンデのような場所。小雨がパラつく程度の天気なら、滝の直登可能だが、さすがに今日のような本格的な降りの日は駄目だった。直登する場合は、ハーケンよりもカム1セットが必須。初級者連れの場合は、アブミもあると便利。
 県道脇でここまでの滝が連続するのは、田代川と並んで、屋久島でも双璧。もしも、川沿いに滝見物のハイキングコースみたいなのを作ったら、縄文杉に一極集中している観光客をある程度誘導できるのではないか。陰鬱なゴルジュ帯ではあるが、その気になれば、少し削岩して歩道を作ることは可能だと思うのだが。

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/08/10/Wed 07:34 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。