スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹小舞パーティのお知らせ
IMGP2267.jpg
 巨大な鳥籠に迷い込んだような風景。来週、壁土を塗ってしまえばもう二度と見ることはできない。長い家造りの工程の中で、わずか数日間のみ現出する、幻の竹小舞空間。貴方も是非一度味わってみませんか!?
 前回「業務連絡」に応えてさらに2人の方が竹小舞掻きに参加してくださり、僕をいれて6人で延べ一ヶ月間頑張った結果、ご覧のように、竹小舞掻きは9割近く終わりました。

 そこで、竹小舞完成を祝して、11月5日の日没より、尾之間の現地で、「竹小舞パーティ」なる物を開催することにしました。当日は、小舞掻きに参加してくれた方々は全員集合しますが、その他にも土壁作りに興味のある方ならどなたでも参加可能です。ビール、焼酎は無料で飲み放題です。屋久島での土壁の可能性について大いに語る夕べです。飛び入り参加もOKですが、コメント欄からでも事前に申し込みしてくだされば、食事もある程度こちらで準備します。メニューは鍋になるかなあ・・・。万一酔いつぶれても、寝袋、マットなどを持参下されば、30人位までは、そのまま屋内に宿泊可能です。天気が良ければ、露天五右衛門風呂も沸かす予定。


 そして、第一回目の荒壁塗りを11月11日(金)~13日(日)に行うことに決定しました!
 左官屋さんが4人来て下さるのですが、左官屋さんの手元で土をこねて手渡すお手伝いさんを大募集します。土壁作りをやってみたい、と思う方は是非どうぞ。途中で来て途中で帰ってもらって全然かまいません。壁塗り体験も少ししてもらえると思います。
 土を運んだり、丸一日フルで肉体作業をしてもいいよ、という方は別途コメント欄からご連絡下さい。その場合、日当をお支払いします。

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/11/04/Fri 22:03 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。