スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
布連打ち
1_20111231012350.jpg
 最近は、中塗りに使う土の仕込みを始めている。今週は、たけさん、砂川さん、齋藤さんにお願いして、土ふるいをしてもらった。ご苦労様です。
 その一方で、先日来僕と妻の二人は、仕事の合間を見つけては布連打ちをやっている。
 
1_20130321172724.jpg2_20130321172727.jpg
 布連の読み方は「のれん」。寿司屋さんの店先にかかっているのも、「のれん(暖簾)」。漢字こそ違うが、見た目が似ているから同じ呼び名がついたのではないだろうか。
 構造は、30㎝ほどの割り箸のような薄い木の棒に麻の細布が接着されていて、棒には沢山の釘が留めてある。恐らく数百年前の左官屋さんが考案し、それ以来全く変わっていないであろう、何とも単純な作りの物である。
 
3_20130321172726.jpg
 一体全体、何に使うものなのか、ちょっと説明。
 中塗り土は荒壁土よりも砂の比率を多くしているので、乾燥後の収縮率は小さい。が、それでも多少は縮んでしまう結果、後で壁と柱(ないし梁)との間に隙間ができてしまう(写真は荒壁土の収縮の様子)。これを防ぐために、あらかじめ柱に「ちりじゃくり」という溝(上の写真にも写っている)を掘っておき、中塗り土を塗る時はこの溝の中まで塗り込む。そうすると、壁が多少縮んでも溝の中に納まるので、柱との間に隙間ができなくて済む。
 しかし、土壁経験者である左官の柴さんが、「念には念を入れて、布連も打とう」と。
4_20130321172726.jpg
 布連を壁の四辺に、ちりじゃくりのラインに合わせて、こんな風に打っておき、中塗りの時は、布地の上から塗ってしまう。すると、乾燥しても、柱際の土は布地に引っかかってあまり収縮しなくなるのである。見た目も単純だが、知ってしまうと原理も単純なのだ。

 家全体に打つのに必要な布連は6000個、と見積もった。早速、いくつかの壁材屋さんに聞いてみると、
 ・布連を使うような建物がほとんどなくなった結果、現在布連を作っている職人さんは、日本でただ一人しかいない。
 ・今行われている姫路城修復工事に、布連が大量に使われ払底状態。
 ・その結果、市場価格が暴騰しており、6000個だと約50万円!
 ・そもそもあちこちでかき集めても、6000個も在庫がない。安く手配できるのは500個まで。
 ・竹に麻布を接着しただけの中間製品ならなんとか手配できるが、12本の釘を自分で留めないと行けない。トータル7万2千本の釘打ち!(*_*;
ということが判明。
 うーむ、我が家のライバルは姫路城だったか。って、天下の世界遺産相手に、一個人の民家が戦える訳がないじゃないですか!

 柴さんと検討した結果、布連打ちは、中塗りで仕上げをとどめる、玄関と和室周りのみにすることにした。国内最後の旧価格で安い在庫500個を、2万円ちょっとで買い占め。
5_20130321172727.jpg
 そして、今、先日鉈で腱まで切断する大怪我をしてギプス固定中の手で、コツコツと打っているところ。こんなチマチマした、素人でもできる仕事をプロに頼むのも申し訳なくて、全部自分たちでやっている。
 一個の布連について12個も、虫ピンのように小さな(長さ10ミリ!)釘が付いていて、一々全部打っていくのが、かなぁり面倒臭い。それでも、既に仮打ちして留めてある分、大分楽だとは思う。釘の付いてない中間製品を買わなくてつくづく良かったよ。

 それにしても、土壁の建物の中でも、今時布連まで使うのは、文化財クラスの寺社仏閣がほとんどじゃないの??ハーフ(実際は5%?)セルフビルドのくせして、一体どこまで凝るのか、この家造り・・・

Comment

管理人にのみ表示する

う~ん,凄いですね。布連。
これで遡行人さんの家は,そこで集落を形成したら「屋久島土壁造集落」として世界遺産登録間違いなしですね。これは白川郷に匹敵です(笑)。

ところでGWは大変お世話になりました。川原谷,非常に面白い遡下降でした。来年のGWは小田汲川,鈴川,大川,安房北俣のどれかで迷っています。由布川もスタンバイしていますので,お願いします。

2012年が遡行人さんとその家族にとって良い年でありますように祈っています。

インヤン | URL | 2011/12/31/Sat 09:54 [EDIT]
良いお年を。
こちらこそ大変ありがとうございました。非常に刺激になりました。
来年もよろしくお願いします!!
屋久島遡行人 | URL | 2011/12/31/Sat 12:18 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/01/04/Wed 12:59 [EDIT]
明けましておめでとうございます。
手。大丈夫ですか??大怪我じゃないですか( ’v ’)!
わーーー。本当に凄いですね。土壁。知恵が生きてますね。見たいなあ。しかし、読んでいるだけで大変そう(゜ロ゜;です。
わたしもそろそろベイルに塗る土を手配しなければなりません。土について知らなくちゃ。お嬢様の研究も随分役に立ちました☆勇気を出して同じ左官さんに連絡してみようかな。
今年の家作りも期待しています!!
お大事に(^_^)
oo34 | URL | 2012/01/07/Sat 08:57 [EDIT]
 新年明けましておめでとうございます。

 怪我のご心配下さり、ありがとうございます。まあ順調に治ってきてはいます。

 そちらなら屋久島と違い、土壁に詳しい方はもちろん、土を売ってくれる業者さんまであるはずですから、うらやましい限りです。
 こちらは、今日の作業もただ一人、「試行錯誤」という名の「失敗の繰り返し」でした・・・。しかも、使えるのが片手だけだから、余計疲れるのよね。トホホ。

 お互い今年も、理想の棲家造りに向けて、ボチボチ頑張りましょう。
屋久島遡行人 | URL | 2012/01/07/Sat 22:36 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。