スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
版築の炉壁・炉台試作・その2
版築8
 我が家の薪ストーブの、炉壁や炉台の大きさは、ともに150×120×15㎝位になる予定。いきなりそのサイズの版築を作って失敗するのも恐いので、まずは小さなサイズで試作品を作ることにしてみた。
 
1_20130321153353.jpg2_20130321153352.jpg
 まずは型枠作りから。
 版築作りの成否の4割方は型枠作りにかかっているのではないだろうか。相当な圧力がかかるから、頑丈に作らないと壊れてしまう。つなぎ目があると、そこに筋が入ってしまう。
 試作品の型枠は、四寸柱の切れ端と、厚さ3㎝の床材の切れ端を使った。床材は、オスメスの継ぎ目があるので、ピタッと隙間なく、非常にきれいに結合する。これをコーススレッドで柱にくっつけて、内径30×40×12cmの型枠完成。
 内部には、土を入れる際の目安として、目盛を書いておいた。
3_20130321153354.jpg
 突き棒は、四寸柱に鉋をかけてわずかに薄くしたものに取っ手を付け、さらに重しとして、ダイビングに使う重り(2キロ×2個)をくっつけた。棒への固定は、例によって素人のアイデアで、重りのベルト通しの穴に四か所コーススレッドを通して行った所、予想以上にがっちり固定できた。実際に突いてみてわかったが、やはり突き棒はある程度重さがあった方が、(持ち上げるのは少し大変だが、)作業が非常に楽になる。重りを付けて正解だったと思う。ちなみに、重りのコーティングが傷つかないように、コーススレッドの根元には黄色いテープを巻きつけてクッション代わりにしてある。

 そして、版築作りで最も肝となる所が、どのような配合の土を、色味を見ながら美しくなるようにどう配列させるかだと思う。強度とデザインを両立させないといけないから難しい。
 技術指導してもらっている遠野さんによると、土の配合比の基本は、粘土と砂(小さな砂利があっても良い)が1:1.5~1:3、さらに石灰の量は、土(粘土+砂+砂利):石灰が1:1/5~1/40(強度を出したければ石灰を多めに入れるが、色合いが白くなる)が良いらしい。粘土を砂より多く入れると収縮して割れてしまうとのこと。
 今回僕が使う予定なのは、湯泊の赤土(砂質粘土)、小瀬田の白土(粘土質砂)、安房の山砂又は種子島の海砂である。
 石灰については、ホームセンターで購入しようと思っていた。が、版築作りに使うのは生石灰ないしは消石灰、一方ホームセンターで肥料として売っているのは苦土石灰、両者は全く別物であることが判明。生(または消)石灰がどこで手に入るのかがわからず困っていた。すると、たまたま新居の洗面台を陶器で作ってもらおうとお願いしに訪れた「屋久島焼新八野窯」さん。ここが、なんと屋久島のサンゴを焼いて自分で作った消石灰を沢山持っていた。お願いしてみたら、あっさり譲ってくれることに。ありがとうございます。必要な物が次々と転がり込んでくる最近の僕は、本当についている。別の見方をすれば、屋久島は僕が欲しいと思ったものを何でも与えてくれる凄い所だ。
4_20130321153357.jpg5_20130321153356.jpg
 ところで、赤土と白土だが、中に含まれる粘土と砂の割合がどの位なのか?これを調べるために、土をペットボトルに入れた水にかき混ぜて、一日おいて沈殿したところを観察する。うーん、粘土と砂の間にシルトと言うものもあるらしく、正直見てもよく分からない。ただ、荒壁土作りに使った湯泊の赤土が、小さい粒から大きい粒まで満遍なく混ざっており、粒度分布に優れたいい土であることは、写真でもよく分かる。陶芸に向いているのもこういう土らしく、新八野窯さんで主に使っているのも、この湯泊の赤土だそうな。
6_20130321153426.jpg7_20130321153428.jpg
 仕方ないので、とにかくいろんな割合でやってみることに。
 試作品作成前日、12種類の配合土を妻に作ってもらった。

9_20130321153428.jpg10_20130321153431.jpg
 1月15日、試作品作成当日。
 型枠の中に、一層分の配合土を投入。中央のラインで石灰の多い土と少ない土を分けた。ライン周辺には、飾りとして揉みすさを混ぜ込んでみた。
 突き棒を中に入れて、突き始める。写真は女性二人でやっているが、男手なら一人で十分。体で動かすのは肘関節だけにして、突き棒を垂直のラインを保ちながら上下させるのがポイント。曲線ラインで動かすと、棒が型枠にこすれ、摩擦力のために非常に作業がしんどくなる。
 一層10㎝の土を、これ以上圧縮できないよ、と言うところまで叩くと、5.8cmにまで潰された。さっきまでフワフワだった土が、ブロックのようにカチコチに固くなっている。魔法のよう。真剣にやればこの間わずか3~4分。土を約半分の厚さにまで突き固めるなんて、どれだけ大変だろうと思っていたが、存外楽にできた。 
11_20130321153924.jpg
 あとは、これをひたすら繰り返して、上に層を重ねていく。約1時間で全6層の土を突き終える。
 突き終わった版築は、空気中の二酸化炭素と石灰が反応しながら、100年かけてゆっくり固くなっていくらしい。とりあえず一週間の硬化期間をとることに。
 さあ、来週(正確には今日)の御開帳が楽しみ!!(本当は即日、一部だけ型枠を外して、見ちゃったけど)

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。