スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬作り
DSC09289.jpg
 昨日、ファンキーなマンションを二人だけで完全セルフビルドしてしまった壮絶夫婦の本(『沢田マンション物語』)を読み、物凄い刺激を受けた。やっぱり、やる人はやるのだ。そして、きっとそっちの方が人生楽しいのだ。

 さて、僕の方は、3/7、8の二日間で薪小屋用の材木の刻みに必要な「馬」(作業台)を作った。
 本職の大工さんなら恐らく半日もかからずにもっときれいなのを作るだろう。よって、今回は、僕の覚え書きです。他の人が読んで有益な情報は、いつもの記事以上に一つもありません。あしからず。
 
 昨日の日中、保管してあった廃材から、使えそうなのをピックアップして、適当な長さに切り、全面サンダーをかけておいた。
DSC09294.jpgDSC09295.jpg
 夜になって正確な図面を引く。参考にさせてもらったのは、知る人ぞ知る『100万円の家づくり』(名著なのにただ今絶版)。
DSC09297.jpg
 Bの棒が難しい。三平方の定理を用いて、平方根の計算などして細かく数字を出してみた。
DSC09282.jpg
 今日の午後4時、カット終了の図。
 実際にカットしているうちに気付いたのだが、Bの棒は、左端が30㎜と82mmの直角になるよう曲尺を置いて線を引き、後は丸ノコガイド定規で平行移動して切れば、いちいち全ての長さをチェックしたりする必要もなく、簡単であった。まあ、こういう作業のコツみたいなものは、人が書いたのを読んでも伝わりにくいし、実際に自分でやりながら体で会得していくもんだと思った。
 まだノミを持ってないので、ほぞ穴作りに電ノコを多用し、腕がパンパン。なんとか日没直前、4台組み終えて完成。ガタツキこそないものの、まるで精度が出ていないので、自己採点は60点。こんな精度の悪さでは、薪小屋はとても組み上がらないぞ・・・。
 

Comment

管理人にのみ表示する

お疲れ様です。
ご無沙汰しております。
来週27日以降に屋久島に入る予定ですが、天気の様子を見ながらの決行予定です。当初、4日間の屋久島の予定でしたが、農地の造成作業もあり3日間がギリギリのようです。
そちらに初日にお邪魔して翌日に安房→淀川口からのスタート予定でしたが、3日間だけなので時間的に難しくなりました。
楽しみにしていたのですが、残念です。
指宿からも近くなので、次回に一人でゆっくりお邪魔したいと考えています。
それでもよろしいでしょうか。その際は、宜しくお願いいたします。
指宿市 上原 | URL | 2013/03/17/Sun 19:43 [EDIT]
メールさせていただきます。
屋久島遡行人 | URL | 2013/03/17/Sun 23:12 [EDIT]
お久しぶりです。
いよいよセルフビルドで着工されたんですね!
束石から手作りだなんて、びっくりしちゃいましたよ♡
流石ですね。いつも参考になります。
薪小屋造り楽しんでくださいませ♫•*¨*•.¸¸♪☆°
Saho | URL | 2013/04/02/Tue 01:37 [EDIT]
ご無沙汰です。
サルフビルドと言うと格好いいけど、壁も無い、骨組みだけの小屋ですよ。
今は職人さんの都合で造成工事が中断しているので、基礎工事に進めず、仕口をどうするか勉強中です。ノミも注文してみたものの、本当に自分で刻めるのか、ビビり始めてます。
わからないこと出てきたら、教えてもらうかもです。その時はよろしくお願いします。
屋久島遡行人 | URL | 2013/04/02/Tue 12:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。