スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの修理
1
 ブログの更新がずいぶん間遠になっていたが、実は3月末に落雷で家のパソコンが壊れてしまったのだ。壊れたといっても、ネットに接続できなくなっただけで、その他の機能はなんら問題なく作動していたのだが、ネット依存症の僕にとってこれは痛かった。
 
 落雷の頻繁な屋久島では、この手の話は非常によく聞く。
 僕も用心のため、電源コードには雷ガードを付けていたのだが、電話回線には付けていなかった。どうやら、そちらから雷サージが入ったらしい。だから、最初はモデムが壊れたのだと思い、中古のモデムをヤフオクで落札し交換してみた。それでもネット接続できないので、NTT、プロバイダー、メーカー(DELL)と電話で問い合わせを重ねた。結果、パソコンのLANポートないしはマザーボード(基板)も故障していることが判明。修理見積もりは送料合わせて何と約4万円也。5.8万円で買った安物のパソコンにそんな修理代出せるか!
 しかし、ネットで調べてみると、パソコン修理屋さんなら、マザーボード代が1.7万円、修理も依頼するとプラス5千円でやってくれるらしい。メーカーのほぼ半額である。余りの差に驚き、欲も出て、もっと調べてみた。すると、海外の通販サイト(eBay)で、新品マザーボードがなんと3千円で売られているのを発見。ただし、日本への送料が5千円。それでも合計8千円。当初見積もりの8割引き。少し不安はあったが、クレジットカード番号を入力して待つこと1週間。5/18、無事アメリカから物が届いた。

 さて、いよいよ分解修理。
 今までメモリーの増設はしたことあるけど、マザーボードの交換は初めて。ここでもかなり不安があったが、日本IBMの元インチキSEだったという、何の根拠もない自信で解体にとりかかる。
 準備するものは、メーカーサイトからダウンロードした分解説明書と、ブラスドライバー、そしてデジカメ。
23
 蓋を取り外し、メモリーを取り外し、ファンを取り外し、CPUを取り外し、各種コードを取り外す。コードを取り外す際、どのコードがどこに差し込まれていたかわからなくならないように、いちいちデジカメで記録を残しておく。
 最後にマザーボードを取り外して、新しいものを付ける。後は元通りに戻していくだけ。
 所要2時間で修理完了。ドキドキの電源オン。ちゃんと直ったよ。何事も、自分でやってみるものだ。やってみれば意外と簡単だったし、すごく得した気分。
 2か月ぶりのネットサーフィンの楽しいこと、楽しいこと。時の経つのを忘れてしまうよ。これではまた、寝不足生活に逆戻りだ、いかんいかん。

45
 それにしても、メイドインチャイナのこの基板。3千円で作れと言われても、一生かけても僕には作れないよなあ。中国人の低賃金労働の成果という以上に、人類の叡智の積み重ねの恩恵をしみじみ感じてしまう。しかもある種の美しさまで感じてしまうのは僕だけ?
 今では4歳の息子の粘土遊びの「基板」としておもちゃ箱に入っているが・・・。
 

Comment

管理人にのみ表示する

久々の更新,楽しみにしていました。
何はともあれPC直って良かったですね。

これでまた遡行人家にまだ見ぬ商品が増えることでしょう(笑)。私も人の事言えませんが・・・。

GWの連休が懐かしく思える,今日この頃です。


インヤン | URL | 2013/06/05/Wed 19:55 [EDIT]
インヤンさん、いつも訪問ありがとうございます。
最近雨続きなこともあって、あれ以来もう一か月も沢に行けてません。
早く梅雨明けしないかなあ。

ところで、先日の楽天スーパーセールでは、右手の人指し指が腱鞘炎になるんじゃないかってくらい、ポチリしまくりで、またまた散財しちゃいました・・・。
屋久島遡行人 | URL | 2013/06/05/Wed 22:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。