スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バナナと鶏
DSC00539.jpg
 10月26日、島内の知り合いから、バナナと鶏を頂いて来た。
 これで我が家も、フィジーや西サモアで見てきた、南の島の楽園の村のイメージに少しは近づくかな?
 
DSC00559.jpgDSC00628.jpg
 バナナは島バナナ。小さくて、旬を逃すとすぐに傷んでしまう。だから市場にはまず出回らないが、これが実はすごく美味しいのだ。台湾バナナよりも甘味が強い中にかすかに酸味もあり、もちもち・ねばねばした食感もたまらない。
 4株移植したが、移植の時期が悪かった(梅雨時がベスト)のと、根の切り方が悪かったのだろう。2株しか定着しなかった。また来年頂いて来よう。

DSC00541.jpgDSC00613.jpg
 そして、鶏は比内鶏。卵も取れて、肉も旨い。親子で3羽やって来た。
 昔生物の授業で、ひよこは卵の殻を破って最初に目にしたものを、母親と思ってずっとついて歩くと習った記憶がある。実際飼ってみるとまさにその通りで、一日中母鶏の後をピヨピヨ言いながらくっついて歩いている。母鶏も想像以上に母性本能が強く、僕ら人間が近づくと、「カーッ」と威嚇してひよこたちを守ろうとする。長時間眺めていても飽きない。
 DSC00662.jpgDSC00670.jpg
 早速、日曜大工で産卵小屋と餌箱を作ってやった。娘は毎日鶏の餌作りに余念が無い。
 ひよこは日に日に体の色が茶色くなって、今はウズラのような感じにまでなった。雄鶏になるか雌鳥になるかはまだわからない。
 それにしても、この3羽、まったくの放し飼い。庭を自由自在に歩き回っていて、ひもにつながれた犬の鼻先も平気で通る。工場内で一生太陽の光を浴びることも無く死んでいくブロイラーがほとんどの中、これほど幸せな鶏も日本にそうそういないだろうと思う。ベランダにも乗っかってウンコを撒き散らすのだけは困り物だが。

 追記
 この記事をアップしたわずか1時間後の夜、鶏小屋の方から母鶏の絶叫がして、その後いくら捜しても見つからない。ひよこ達が悲しげにピーピー泣いている。
 犯人は2日ほど前から庭先に出没していた見慣れぬ野良猫としか考えられない。放し飼いで幸せだね、なんて言ってごめんね。なんとか対策を考えねば。


Comment

管理人にのみ表示する

久々の更新!待ち望んでいました。
比内鶏とは…さすが目の付け所が違いますね。

でも母鶏は残念でしたね。娘さんは落ち込んでいませんか?
インヤン | URL | 2013/12/03/Tue 18:04 [EDIT]
お久しぶりです。
な、なんと、今日の昼、今度はひなが一羽やられてしまいました。
前回やられたのが夜だったので、夜はカゴの中に入れるようにして、昼だけ庭に放していたのですが、ちょっと目を離したすきに・・・・。
本当に可哀想なことをしました。家族全員落ち込んでます。
今週末、大急ぎで柵を作ろうと思います。
屋久島遡行人 | URL | 2013/12/03/Tue 22:29 [EDIT]
柵作り,私からもぜひお願いします。
インヤン | URL | 2013/12/03/Tue 22:55 [EDIT]
了解しました。
屋久島遡行人 | URL | 2013/12/04/Wed 00:15 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2013/12/10/Tue 22:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。