スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『正しく知る地球温暖化』・読書日記
 以前にも地球温暖化はCO2のせいではないと主張している本を紹介した。北極圏研究の学者である赤祖父俊一のこの本を読んで、僕の中でもその説は確信になった。
 結論を言えば、いま進行している地球温暖化のほとんどは、地球の自然変動である。
 確かに現在地球は温暖化しているが、これは実は1800年頃からほぼ同じペースで進行している。(と言っても人類の生存を脅かすようなペースでは決してない。)それに対して、大気中のCO2は、1946年頃より爆発的に増加している。本のグラフを見るとまさに一目瞭然なのだが、この2つの事実だけで、CO2を温暖化の犯人扱いするのはおかしいと馬鹿でもわかる。
 では、1800年頃から地球が温暖化しているのはなぜか?周期的に繰り返している「小氷河期」(1400年~1800年)から地球が回復中のためである。つまりただの(と言っては語弊があるが)自然変動なのだ。そして、自然変動の原因としては、太陽の変化や火山活動などが推測されてはいるが、まだまだ未解明の部分が多いらしい。

 それではなぜ、IPCCのレポートは科学的事実と全く異なる内容となり、日本はそれに踊らされているのか?どうやら様々な政治的・経済的思惑が働いているようだ。
 IPCCとともにノーベル平和賞を受賞したアメリカ元副大統領アル・ゴアは、かの有名な『不都合な真実』を著し、地球温暖化=CO2犯人説を世に喧伝した。(『不都合な真実』やマスメディアで紹介される「温暖化で氷が融け出す北極圏」の写真がいかに事実と異なる解釈をされているかも、この本では説明されている。)彼のおかげで、一時死にかけていた原子力発電が、再び息を吹き返した。そして、この本ではあえてそこまで踏み込んではいないが、アル・ゴアが原発産業で儲けるロスチャイルド一族と姻戚関係にあるという事実はそれほど知られていない・・・。(ロスチャイルド一族については、『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』を読むと面白い。)

 京都議定書なんかに縛られて、我々の税金を外国に巻き上げられないためにも、全ての日本人必読の書、と言っていいんじゃなかろうか。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。