スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太忠岳登山
DSC01503.jpg
 5月25日、家族で太忠岳に登ってきた。
  
 今年は、小学校6年生の娘が、卒業登山と言うことでモッチョム岳に登ることになっている。そのイベントに幼稚園児の息子も参加させたく、少しずつ登山練習をしていくことにした。3月から、万代杉、太鼓岩、高平岳と登ってきて、今日は第4弾、太忠岳。天気晴れ時々曇り。
DSC01434.jpg
 9:35、ヤクスギランドを出発。
DSC01445.jpgDSC01448.jpg
 巨木の間を縫って登って行く。
 30分も歩くと子供たちは飽き始め、「あと、(ピークまで)どのくらい~?」、「コナンの映画1本半」⇒「ルパン3世が3回くらい」⇒「サザエさん2話分」といったやり取りが数十回繰り返された・・・。子供を山に連れて行く場合、体力的な問題以上に、やる気を持続させる工夫が大事だと痛感。こまめに御菓子休憩を入れることも必須。
DSC01454.jpgDSC01461.jpg
 途中の水場。巨岩の脇を抜けていく。
 太忠岳登山道は、屋久島の登山道の中では極めてよく整備されていて歩きやすく、迷う心配もまずない。
DSC01466.jpg
 杉の幹にある、不思議な瘤。
DSC01480.jpgDSC01482.jpg
 ピーク近くの難所。がんばれー、もう一息だぞー。
DSC01484.jpgDSC01491.jpg
 天柱石が見えてきた。最後はロープにつかまって・・・。
DSC01503.jpgDSC01513.jpg
 12:55、ピーク着。おめでとう、ほぼコースタイム通りだ、すごい、源ちゃん!花ちゃんも良く頑張った。
 ピーク直下の祠にお参り。
DSC01516.jpg
 荒川ダム方面を望む。
DSC01517.jpgDSC01523.jpg
 頂上周辺には、10数株のシャクナゲが。
DSC01545.jpgDSC01543.jpg
DSC01542.jpgDSC01530.jpg
DSC01525.jpg
 こうやって並べてみると、蕾は濃い桃色なのに、花開くにつれてどんどん白くなっていくのがわかる。
 今回、満開のシャクナゲを期待していったが、標高が低いせいであまり沢山は見られなかった。これは、やはり奥岳に行かないと駄目だな。

 下山も、登りと同じく3時間強かかってしまった。小さい子供には登りよりも下りの方が大変らしい。
  
 



Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。