スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淀川中俣・屋久島沢登り記録
淀川入渓点
 今日9月13日、淀川中俣に行ってきた。同行は、Gさんと、縄文杉ガイドのK君。

 淀川は思い出の沢である。11年前、山の会夏合宿リーダーとして北海道から初めて屋久島にやってきた。合宿本番は小楊子川左俣だったのだが、その前にプレ合宿として、屋久杉ランドから入って荒川~淀川右俣を行った。その時の淀川の景観があまりに美しすぎて、結局それがきっかけで8年後に屋久島に移住することになったのだ。
 今回は3回目なのだが、結論を言えば、淀川(特に中俣)は、やはり地上最高の日本庭園である。本当はこの河原に家を建てて永住したい!
 8時に淀川登山口から入山。10分弱で登山道をいったん登り切り、下り始めてすぐのコルから、右手の沢形(すぐに水が流れ出す)に入る。去年石塚小屋谷に行った時に使った枝沢である。これを素直に下ると、淀川小屋までのアップダウンの続く登山道を歩かずにすむし、淀川小屋より下流部数百メートルの絶景の所を沢歩きできるという、秘密のルートである。
8:25、淀川合流部に到達(上の写真)。淀川は今日も変わらぬ美しさで僕を迎えてくれた。

 一面、緑の世界である。ここよりも美しい沢を僕は知らない。一日曇り空だったのだが、これで空が晴れていたらどれほど美しくなるのか、恐ろしいほどだ。ただ、今日は水温、気温ともに冷たく、休憩時間は皆少し震えていた。屋久島でも、例年より一足早い秋の訪れを感じた一日であった。
 あとは、写真をご覧ください。
 
淀川1淀川2淀川3淀川4淀川5淀川6淀川7淀川8淀川9淀川小屋前の橋淀川10淀川11淀川12淀川13淀川14淀川15淀川16淀川17淀川18淀川19淀川20淀川21淀川22淀川23淀川24淀川25豆腐岩1豆腐岩2花之江河1花之江河2豆腐岩3豆腐岩4

 コースタイムを書くと、9:25、淀川小屋前の橋着。大休憩を挟んで、10:55左俣出合着。
 中俣は、以前行った右俣よりも更にまた美しい。後半小滝がいくつか出てきてやや難しくなるが、ほぼ全て右岸巻きで越えられる。(チョックストーンの下をくぐり抜けていくものもあった。)よほどの初心者以外ザイルは不要。最後の詰めで二俣が出てきて、左を選択。結果的には右の方が正解だったようだが、左を行ってもヤブともいえないヤブ漕ぎを5分ほどしただけで、12時、湯泊歩道に出合う。(ちなみに、右俣は、15分くらいだが最後に猛烈なヤブ漕ぎを強いられる。)
 下山途中に、12:40、高盤岳に寄った。有名な豆腐岩を初めて間近で見たが、まあ一見の価値はあった。でも、僕はフリークライマーではなく沢屋なので、これを登りたいとは全然思わなかった。その後、花之江河を通り尾之間歩道経由で、15:45下山。

 淀川中俣は難易度2級下。念のため、20m位のサブザイルとハーネスは欲しいが、他の登攀具は要らない。初心者連れの場合だけは、アブミがあると便利。沢初心者でも、多少の登山経験があって、リーダーがしっかりしていれば大きな問題なく行け、かつ、地球上で最高の美しさを堪能できる。屋久島で、いや日本で一押しの沢。

Comment

管理人にのみ表示する

めちゃキレイですね。
今週にもこの記事のコースを行ってみようかと思っています。
中俣上がってから湯泊歩道までは分かりやすいでしょうか?
日本で1番の沢が楽しみです。
てるてる | URL | 2010/08/16/Mon 15:41 [EDIT]
こんにちは。
コメントありがとうございます。
てるてるさんは屋久島の方ですか?
源流部は3つほどの枝沢に分かれますが、どれもほとんど藪こぎなしです。完全に水が枯れる前に、湯泊歩道に出ます。あまり整備されていない歩道なので、ピンクテープを見落として行きすぎないようにだけ注意して下さい。
屋久島遡行人 | URL | 2010/08/16/Mon 18:19 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/08/17/Tue 09:00 [EDIT]
行ってきました。
早速行ってきました。
心配していた通り、思いっきり湯泊歩道見過ごしました。
ハードなヤブ漕ぎして栗生歩道にでました。。。
注意はしてたんですけど…。
ピンクテープあったかなぁ。
それでも素晴らしい景観でした。
ありがとうございました。
てるてる | URL | 2010/08/21/Sat 01:23 [EDIT]
てるてるさんへ
それはそれは、ご苦労様でした。
沢登りの素晴らしさ、大変さをどちらも満喫できたようですね。
山では、これはおかしいと思ったら、引き返すことが大事だったりします。
この辺の判断は、何十年やっていても本当に難しい・・・
屋久島遡行人 | URL | 2010/08/21/Sat 09:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。