スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追良瀬川~ウズラ石沢(その2)・白神山地沢登り記録
白神テン場のブナ2
 白神山地は世界自然遺産地域であり、また禁漁区です。以下の記録中の、焚き火や釣りに関する記載・写真は、全てフィクション又は合成写真であります。ご了承下さい。

 昨日の日記の続きで、今日は9月20日分の記録になります。
 大蛇がヘリコプターの羽根のようにブルンブルン振りまわりながら飛んで来る夢を見て、恐怖で「ウワー」と叫ぶ自分の大声で夜中に一回目が覚めた。(哲平も起こしてしまった、スマン。)が、それ以外はぐっすり眠れて、7時起床。快適な朝だ。朝日を浴びて、テントサイトのブナもきらめいている。
 8時半出発。今日も天気は晴れ時々曇り。
白神プチゴルジュ白神ブナ林3
白神河原1白神河原2
 歩き始めて間もなく、プチゴルジュが出現。まだ朝が早く濡れたくなかったので慎重に右岸をへつる。その後は昨日の続きで単調な河原歩き。所々紅葉が始まっていて、青空とのコントラストが美しい。
人面岩白神青空とブナ
白神中流1白神中流2
 9:10、まるでモアイ像のような人面岩到着。枝沢を分けるにつれて、本流は徐々に川幅が狭くなってきた。
ウズラ石沢出合ウズラ石沢出合での釣り
 10:20、今日の中間地点、ウズラ石沢出合に到着。予定コースタイムの半分ほどしかかかっていない。魚の食事の時間では無さそうな気がしたが、たっぷり時間が余っているので、のんびり釣りを楽しむことにした。釣果は20cmオーバーを一人一匹ずつ。
白神刺身
 皮を剥いで、三枚におろし、わさび醤油につけて食べた。まさに獲れたてというせいも大きいのだろうが、川魚の刺身がこんなに旨い物とは知らなかった。予想外に有意義な昼食に大満足。

ウズラ石沢ウズラならたけ
 11:50、昨日の女性パーティが追いついて来たのを合図に、再出発。ウズラ石沢に入ると、ますます川幅は狭くなり、傾斜も出てき始め、なんだかいつも行く屋久島の沢っぽくなってくる。延々続く単調な河原歩きにうんざりし始めていた頃だったので、丁度良かった。道中またもやナラタケをゲット。
 ウズラ小滝1ウズラ小滝2
 途中3mほどの小滝が二つ出てくる。最初の(左)は左岸をへつって登れば見た目ほど難しくなく(Ⅱ級)登れる。落ちても滝壺なので大丈夫。2個目(右)のはやはり左岸を直登するのだが、ホールド、スタンスが少し微妙でⅢ級。初心者連れの場合は、確保するか、左岸を高巻く必要有り。
猫の額河原テン場白神テン場2ブナ
 C600m地点、左岸を5mほど登った台地上にテントを張れそうな場所あり。そこからさらに少しだけ進んだC610m地点左岸上に、整地したテン場出現。こっちが間違いなく、「猫の額河原」であろう。13:55、ザックを下ろし、ここを今晩のねぐらとする。寝転んで空を見上げれば、今日もブナの絶景哉。

 さて、いよいよ、お楽しみの釣りタイムである。
 昨日の悪戦苦闘が嘘のように、僕の竿は入れ食い状態だった。6匹釣った時点で、これ以上釣っても食べ切れなそうなので、お終いにした。一方の哲平は3時間は粘ったが、なぜか坊主であった。
白神カルパッチョ白神塩焼き
 晩飯は、イワナと玉葱のカルパッチョ、イワナのニンニク・生姜醤油漬け丼、ベーコンとナラタケのキムチ汁、そして最後を定番イワナの塩焼きでしめた。質、量ともにパーフェクト。過去山で食べた食事の中で、間違いなくナンバー1だ。
 今まで沢の食事というとせいぜいオショロコマの塩焼き位。屋久島に行ってからはそれすらも叶わず、肉や野菜を担ぎ上げていた。でも本当は、自分で獲った食材を使ってこんな豪勢な飯を食べてみたかったんだよなあ。
 ところで、実は僕の最初の大学時(文化人類学専攻)の卒業論文が、「採集狩猟民社会の生態人類学的研究」という題だった。文献丸写しの超手抜き論文ではあったが、その内容は、アフリカの採集狩猟民が少ない労働時間で如何に豊かな食生活を送っているのかを検証するというものだった。そのことを、真似事とはいえ、実際にこの日本で自分の体で実証してみたかったというのもある。
 な~んて、理屈っぽい話は抜きにして、やっぱり沢で本当に旨い物を食いたかった!
 長年の夢が叶って本当に幸せ。屋久島から遠路はるばる来た甲斐があったよ!ありがとう、白神山地。

 明日はいよいよ下山だ。早めに下りるために、21時就寝。

 明日の記録に続く。


Comment

管理人にのみ表示する

豊穣の山・白神
めぐみの森を遡行、素晴らしいですね。
原始性に溢れる遡行の喜びが伝わってきました。
よしはら | URL | 2009/09/23/Wed 21:16 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/09/24/Thu 00:09 [EDIT]
よしはらさん、どうもです。
来週末は、また屋久島の沢をご一緒しましょう。
屋久島遡行人 | URL | 2009/09/24/Thu 10:28 [EDIT]
今井君、昨夜はどうもです。
今後とも、ブログ共々宜しくお願いします。
屋久島遡行人 | URL | 2009/09/24/Thu 10:29 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。