スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
露天五右衛門風呂造り・その6
たそがれの雲一番星
 五右衛門風呂作りの記録、実に3ヵ月半ぶりの更新。
 この間、ほとんど全く作業が進展していなかった。が、今週末は頑張った!
 作業が進んでいなかった理由は、11月1日のブログの最後にも書いたように、耐火モルタルがうまく固まらず、炉部分に5段積み上げた耐火レンガがまるでくっつかなかったためである。結局泣く泣く80個のレンガを取り壊し、1個1個こびりついたモルタルをきれいにこそげ落として、元の状態に戻した。
 その後、知り合いから粘土と砂と普通のセメントを混ぜた物がうまく固まるということを聞き、ある所から粘土を掘ってきて、12月に試してみた。しかし、混ぜ合わせた物はボソボソのおはぎといった代物で、固まる固まらない以前の問題として、レンガ同士をくっつけるべく薄く伸ばして塗ることがとても不可能であった。結局10キロ位作った試作品は全て破棄。
 そんなこんなで、全く先が見えない状況下、もういい加減やる気をなくしかけていた。

 しかし、ネットで見つけた中京築炉のホームページ。これは参考になった。要は耐火モルタルで耐火レンガをガチガチに接着しようという発想自体が間違っていたようだ。会社に電話して直接いろいろアドバイスも頂き、ODモルタルというものを薦められた。素人でも作業しやすいように、普通の耐火モルタルにキャスタブル耐火物を混ぜて、固まりやすくしたオリジナル製品らしい。これなら何とかいけそうだ、とちょっとやる気が復活した。

下準備
 先週末、昨秋の台風で折れた大枝を全てカットして作った薪、モルタル等必要物品を担ぎ上げて、下準備完了。

 2月12日。
炉1炉2
 ODモルタルを使って、耐火レンガを積み上げる。この作業は2回目なので、前回より1時間短い4時間で完了。
炉3炉4
 そして火入れ。本当はレンガの外周にも薪をくべたかったが、薪不足と、どうせくべても固まりきらないだろうと思っていたのであきらめた。

 2月13日。
 午後、土地に向かう。
 さて、炉の出来上がりは如何に!?
 確かに、ODモルタルは昨日の3時間の焚火でほぼ固まっていた。普通の耐火モルタルとは早さが違う。しかし、爪でこするとボロボロ削れるような感じで、耐火レンガも3割くらいは手で動いた(接着できなかった)。もちろん、これは僕のコテ塗りが下手なことが要因だろう。まあ、前回の大失敗で十分へこんでいるので、この位の失敗は許容範囲内である。
 それに、今回はここからが、3ヵ月半考え続けた僕の頭と腕の見せ所なのである。
炉5炉6
 そう、アイデア第1弾。ズリズリ動くレンガ列を外側からコンクリートでガチガチに固めるべく、炉の外周に六角形の型枠を作ることにしたのだ。(六角形を作るために、板と板を結合する支柱の角が60度前後になるよう、事前に電ノコで加工しておいた。バイスで固定できず、押さえる指も切りそうで結構恐かった。)さらに、外からのコンクリの圧力でレンガがずれないように、炉の内部に砂袋や石を適当に配置して今日の作業完了。
 いつしか、夜になっている。夕闇の空に浮かぶ雲、そして一番星が、トップ写真のように美しかった。

 2月14日。
炉7炉8
 実は昨日の午前中、家に転がっていた端材をジグソーで大雑把にカットした後、接着剤でくっつけて左写真の物を作っていた。それに、コンクリートが付着しないようにラップを巻いて、レンガ列の間に置く。そう、アイデア第2弾。この作品は排気口吹き上げ部分にスムーズな空洞を作るための鋳型なのである。コンクリートが固まってから鋳型を抜き取るかまたは燃やすと、そこが燃焼室から煙が出る吹き上げ部になる仕組み。
炉9炉10
 そして、いよいよ生コン注入。と書くのは簡単だが、一人で60Lフネ6杯分の生コンこねは腰が痛くなる。5段の内、3段目までで今日は終了。上部2段は、排水口が来る関係で、レンガに風呂釜を載せた上で慎重に作業しないといけないので、来週以降に残した。所要3時間半。丁度雨が降り始めた。
炉11
 養生シートをかぶせて硬化を待つ。来週はいよいよ、風呂釜載せができるか!

Comment

管理人にのみ表示する

こんちは。
おはつです。ブログにたまに足跡があったので、訪問させていただき、ちょくちょく読ませていただいてます。

それにしても、すばらしいところにお住まいですね。
オレさま | URL | 2010/02/19/Fri 23:45 [EDIT]
いよいよ、進み始めましたね
いよいよ露天風呂工事が進み始めましたね!
続きを楽しみにしてます。
sapporo たてる です | URL | 2010/02/20/Sat 22:42 [EDIT]
Re: こんちは。
初めまして。
土地をお褒めいただき、ありがとうございます。実際に家が建って住むのは2年後の予定ですが・・・

うーん、しかし、オレさまのブログ、訪れた覚えないんですよねえ。今日、全く初めて拝見させていただきました。
可能性としては、職場の共有パソコンでログインしたままになっているので、そこから、同僚(精神世界系に興味ありそうな心当たり一人あり)が訪れたんじゃあないかしらん。
僕自身以前はクリシュナムルティやスウェーデンボルグを読み込んでいましたが、今は完全なる世俗の輩です。失礼しました。はい。
屋久島遡行人 | URL | 2010/02/20/Sat 22:56 [EDIT]
Re: いよいよ、進み始めましたね
どうもありがとうございました。
本日、待望の釜載せしてきました。
これで、コンクリが固まれば、一応風呂は炊けるようになりました。嬉しい!
後2ヶ月くらいのうちに一気に仕上げたいと思います。
屋久島遡行人 | URL | 2010/02/20/Sat 22:58 [EDIT]
なんと。
そうでしたか。(笑

そのようなこともあるのですねぇ。こちらこそ、失礼しました。 なんにしましても、なんでもご自身で作られてしまうバイタリティはすごいものだと感服いたしておりました。

それでは失礼いたします。
オレさま | URL | 2010/02/21/Sun 00:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 源頭の風景を求めて・・・. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。